2016年

8月

12日

民泊

金沢市の民泊です。マンションの一室を宿泊施設に用途変更するのですが、まず看板を設置して周囲への周知からスタートです。これから45日が経過しないと営業できません。行政上の手続きに時間を要します。

0 コメント

2016年

8月

01日

民泊の申請

民泊の許可申請についての打ち合わせを、行政庁としてきました。

規模・間取りの変更無く、建物用途の変更のみなのに、やはり建築基準法・消防法への適応がきついです。

コストもそれなりにかかります。

対して、本題の旅館業法上の許可申請の窓口の保健所。関係各課との協議は求められますが、その過程で問題無ければOK。関係各課が一番の関所です。

とりあえず、第一歩スタートしました。

0 コメント

2016年

7月

31日

外国人旅行客へのホテル不足対応として、民泊の需要が増えているようです。

一戸建ての住宅を民泊へ変更する物件に携わっています。

 

民泊は、建築基準法的には「旅館」ということになり、これは特殊建築という物扱いになります。

 

つまり住宅とは比べ物にならないくらいの規制が加わってくるということです。

 

その最たるものは、消防法による規制です。

 

住宅ではありえない、避難誘導灯・自動火災警報器、行政によっては避難器具の設置も求められます。

 

このように、住宅には無かった規制がかかりますので、それをクリアするために相応のコストがかかります。

 

その辺りは、十分検討していきたいところです。

 

 

0 コメント

2016年

2月

17日

東京で入学試験

入学試験のため、東京に行ってきました!

といっても、娘の付き添いです。写真は試験が終わって正門から出てくる人たちの流れです。

正に人の波が流れてくる感じです。さすがマンモスW大。圧巻です!

0 コメント

2016年

2月

10日

インスペクター養成講座

建築士会主催のインスペクター養成講座に参加してきました。

 インスペクション(住宅診断)を建築士等が行うことにより、消費者が安心して中古住宅を購入できるようにするためのものです。

 耐震診断に比べれば、ごく基本的・表層的なものですが、その分費用も抑えられ、消費者にとっては安心を得るためのひとつの選択肢となるのではないでしょうか。

 取引業者やリフォーム業者が検査人を指定することもできるそうですが、本来は第三者が行うのがベストだと感じます。

 講習会では触れられなかったのですが、テキストのコラムにあった印象的な記事について。

 2003年にシックハウス対策に係わる法令により、建材にはホルムアルデヒドの発散を抑えるF☆☆☆☆以上のものの使用が義務付けられたのですが、これに伴いそれまで影を潜めていたシロアリが再興し、深刻な問題を引き起こすようになったとのことです。皮肉にも、ヒトに安全な建材は、ムシにも安全なものになったということで、建材からムシが出てきたということがおこっているそうです。

 

0 コメント