富山市の改築工事

築約40年の屋根裏。

屋根下地は、垂木の上にヌキを打ってその上にトントンベニヤ張り。この後、杉の荒板張りから構造用合板張りへと変遷していったのでしょう。

丸太梁の仕口も大工の手刻み。時代の流れを感じます。