あなたのお家、こんなふうに造りませんか!その壱

家造りをどこに頼めば良いのか、家造りにはいくらかかるのか、家を建てようと思った時に、まず頭に浮かぶ疑問です。

 

ハウスメーカー、工務店、設計事務所...いろいろあります。

金額については、テレビの建物の番組では、坪単価80万円とか100万円とか言い、新聞のチラシでは35万から40万円で夢がかないますと書いてあります。

よく分かりません。分からないので住宅展示場でも行ってみるか、ということで行きます。営業マンがいます。「本体で40万から45万円です。オプションがはいるともう少しかかります。」

 

この言葉の意味が分かりますか?わたしには分かりません。様々なものがオブラートに包まれていることだけは伝わってきますが...

 

一般のかたにとって建築工事は分からないことがたくさんあります。で、それらを理解してもらうためにはとても時間がかかりますし、建築の素人である営業マンが説明するにも限界があります。

 

切り口が、上記のようになるのは、ある意味仕方ない気もします。

家造りの方針を決定する場合に必要なのは、資金の捉え方、採用する工法・性能・素材仕様のグレード、設計の進め方、工事の監理の方法、検査およびその履歴情報の保存方法、かかってくる税金等々、まさに悩ましいことがたくさんあります。

 

面倒くさいんです。誰かに任すのが一番です。

 

当然信頼できる人になります。

 

それが誰なのかで依頼先が決まります。